無料ブログはココログ

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月16日 (金)

歯痛

とにかく歯が痛い。

午前中はなんとも無いんだけど、午後5時を回ると急に右上の方の歯が痛み出す。ただ、痛すぎて何もできないというほどではないので、今まで気にせずに麻雀を打っていた。

しかし、やはり集中力は落ちているようで、ドラを忘れたりホンイツの捨て牌に気づかないなどの凡ミスを連発。結果、ついにRが1900を割った。それにとどまらず、上級で9戦打って平均順位2.72の屈辱的な成績をとってしまい、Rが1855に。これ以上打っても地獄を見そうだから、歯痛が治るまで麻雀は打たないことにした。しばらくは勉強?その他に精進します。後、ちょっと打ち方を見直そうかな。

クリックお願いします。

http://blog.with2.net/link.php?726743

2009年1月12日 (月)

愚痴と天鳳プレマッチについて

夏休みのはじめに買った英語の問題集を、昨日終わってもいないのに最初からやり直し始めた。その結果たるや無残なもので、一度目に間違えたからチェックがつけてある問題を、全く同じように間違えるという出来事が頻発していた。それどころか、一度目に正解してるところでもたまに間違える始末。これだから英語は嫌いだ。

数学はその場の推理で解くところがあるので、一度解いた問題はある程度頭に残る。しかし、英語ってのは厄介で、一度解いたはずの問題、覚えたはずの単語で度々つまづく。勉強の仕方の問題だろうか?

 「勉強なんかして何の意味があるんだ」なんて中学生みたいなことは言わないけど、正直そこがonだろうがinだろうがどうでもいいって気はする。まあそんなこと考える前に勉強しろってのが正しいんだろうけど。

 学校で、小テストの点数とか、英単語の覚えた数とかを競い合ってる同級生を見ると、どうしても劣等感と焦燥感にとらわれる。うちが進学校だからかもしれないけど、同級生には勉強を平然とこなすやつがやたらと多い。僕にとっては、勉強はあくまで潜在的な部分で敵でしかない。だから、勉強を平然と、場合によっては楽しんで出来るやつってのは、僕からしてみれば彗星人と同じくらい距離感があるし理解できない。そんなやつの人生ってのはどれだけ薔薇色なんだろうか。皮肉とかじゃなくて純粋にうらやましい。

持続して勉強するってことはある程度頑張れば慣れるもんかもしれないけど、可能な限り勉強から逃げている以上それもちょっと厳しいだろう。
 

別に勉強する意味とかで思い悩んでるんじゃなくて、ただ勉強する気が起きない。やらなければ近い将来破滅が訪れることは理解してるんだけど、どうしてもやろうと思えない。なんだろう、僕には破滅願望でもあるんだろうか。それとも、ただ面倒くさがりなだけか。なかなか深い問題ともいえるし、やる気を出せばそれですむ問題でもある。

話は変わるけど、天鳳プレマッチを最初の二戦だけ見た。二戦目が終わったところで眠かったから就寝。

え、感想?そうだなぁ…、例えば、書道を数年習った小学生が、その道何十年なんて達人のわざと崩した、言われないと何の文字かも分からないような字を見て上手いと思えるだろうか。ちょっと難しいんじゃないか。そんな感じ。
 

僕程度の実力では、ものすごい下手と普通以上の打ち手の見分けが限界だ。プレマッチを見ても、別段思うものはなかった。実力がついた後に見返せばまた違った感想が出るんだろうか。

気に入ったらクリックお願いします。

http://blog.with2.net/link.php?726743

2009年1月 9日 (金)

ウェルカム横浜店

ついに授業が始まった。といっても、冬休み明け初の授業だけあって、どの教科もそれほどきつくなかった。宿題もないし。しかも明日から三連休。かなり助かった。

この前雀荘にはじめて行ったときのことを書いたけど、またこりずに昨日渋谷のロンと一緒にいってきた。大手だし、接客が良いとのうわさだったからウェルカム横浜店にした。

点3で打ったんだけど、思ったのは場代が高すぎ。300円はひどい。平均+10以上じゃないと浮かないってのはちょっと横暴だ。

ただ、その日はやたらツモがセレブってて、133141で場代こみでも+600円。チップを入れたらもう少し勝ってるかもしれない。渋谷のロンは222224でちょっと沈み。

初めて雀荘に行ったときに比べて凄い楽しかったんだけど、すごい緊張して疲れてしまった。場代が高いから長く打てば沈むだろうし、麻雀はネットでもささっと打てるから恐らくもう行かないと思う。今の僕には天鳳で十分だ。

気に入ったらクリックお願いします。

http://blog.with2.net/link.php?726743

2009年1月 7日 (水)

正解?不正解?

前回の記事を更新した後、即座に再びの三連敗。振込みが凄い多かった気がする。とりあえず一日置いて今日打ってみたら、割と普通の成績だった。かなり運が良かった部分もあったけど、打った感じフォームが崩れきっているわけではないらしい。まあそのフォーム自体ちょっと出来が悪いんだけど。

昨日言ったように、三連敗の皮切りとなった一戦をちょっと振り返ってみる。

[2009/01/05/特東喰赤速] A:鳳王(-16) B:筋肉拳バンボロ(+5) C:(´⊆`*)ゞ(+42) D:安永寓(-31)
http://tenhou.net/0/?log=2009010515gm-0061-0000-xdbab6db985f2&tw=3

[東一局]

いきなりの放縦スタート。個人的にはしょうがない放縦だと思うんだけど、上級者から見れば違うのかな?現状の僕では、この8pは止められない。

[東二局]

言うことは全くない。ぼーっとしてたら終わった。ホントそれだけ。

[東二局一本場]

リーチに怯えてたら、スッとチートイテンパイ。この点棒状況では押すべきかなと判断しておっかけリーチして、無事勝利。もし二着目とかならオリるんだけど、それはやりすぎかな?

[東3局]

自分の中では一番重要な気がする局。いい配牌にいいツモ、テンポよくでてくる鳴ける牌と、途中までは絶対あがれると思ってた。しかし、そこから入ってくる他家のリーチ。高目マンガン聴牌からオリるのもどうかと思って押したけど、これはどうなんだろう。高目マンガンのほうは残り一枚だし、安目の方は出たら3900。振るとラスに落ちる可能性大だし、オリたほうが賢明だったか。結果は11600点にふりこんで撃沈。

この一戦について書くのに疲れたから、続きはまた次回。個人的には、こういう自戦記ってあんまり好きじゃないから、これ以降あんまり書かないと思う。

さて、宿題のことだけど、まだ8割終わってない。今夜が山だね。一日とか二日遅れるぐらいなら問題ないっちゃないんだけど、遅れると負けた気がするからちょっとやりにくいし。ところで、渋谷のロン(渋谷のドンから改名)は宿題を一切やらないつもりらしい。まあ彼は僕を超えるレベルの劣等性だからいつものことか。

その渋谷のロンだけど、今日横浜のウェルカムに行くつもりだと、昨日言っていた。あしたの始業式ではその辺の話を聞いてみたい。

最後に。父親の許可が取れたので、牌譜を貼っておく。

A:ウィドゥ@阪神(-21) B:Yamato@k(+34) C:moment(-13) D:ウィンザレオ(0)
http://tenhou.net/0/?log=2009010621gm-0061-0000-x24c4d7538278&tw=3
[2009/01/06/特東喰赤速] A:大玉将(-14) B:ウィンザレオ(+36) C:コーラこぼした(0) D:ウィドゥ@阪神(-22)
http://tenhou.net/0/?log=2009010621gm-0061-0000-xe6e36b8bed3a&tw=1
[2009/01/06/特東喰赤速] A:victry(-2) B:蒼龍2005(-22) C:ウィンザレオ(-35) D:ウィドゥ@阪神(+59)
http://tenhou.net/0/?log=2009010621gm-0061-0000-x4c23800e1627&tw=2

気に入ったらクリックお願いします。

http://blog.with2.net/link.php?726743

2009年1月 6日 (火)

動揺する打牌

前回調子乗って成績とか貼ったせいか、その直後に三連敗。これが天罰ってやつか…。

三連敗の最初の半荘では、(東赤即)筋肉拳バンボロさんと一緒になった。普段なら怯えたウサギのように隅のほうでちぢこまって震えているのが関の山の僕だけど、そのときは30戦ぐらい連続でラスなしだったので「案外いけるんじゃね?」的な心境だった。まあ浅はかというかなんというか。

結果は案の定無残なラス。正直ひどすぎる。調子が良い時には見えなかった自分の打ち方の疑問がかなり残った。まだ僕の中でその疑問への考えがまとまってないから、次の記事で反省をしてみたいと思う。

今まであまりに調子がよかったせいか、ちょっと押しすぎな打ち方になってしまった感じがするね。その後の二回の負けも押しすぎが原因っぽいし。

生活のほうは、宿題が非常にヤバイ。僕は基本的に物事はギリギリまでやらず、ギリギリになっても「やっべー、宿題しねえと」とか言いながら天鳳やるような性格だからこういうのはいつものことだけど、今回はちょっと終わるかどうか分からない。実際そんな状況でもブログの更新とかしてるしね。

冬休みが終わるのが明後日。まあ答案写せば何とかなるかな?

気に入ったらクリックお願いします。

http://blog.with2.net/link.php?726743

2009年1月 4日 (日)

確変?来たる

最近、天鳳での成績がめちゃくちゃ良い。

ここまで勝てるほどの腕は僕には絶対無いだろうから、いわゆる確変だろう。後少し続けば、R2000も夢じゃない。現在は1980。

ここらで一度成績を貼っておく。

Photo

特上にあがってからむしろ成績がよくなってきてる。まさに天国。

もしRが2000になったら、記念に何かしようかな?具体的には何も思いつかないけど。







気に入ったらクリックお願いします

http://blog.with2.net/link.php?726743

2009年1月 3日 (土)

帰還

九州から今さっき帰ってきた。マジで疲れた。やばい。単なる帰省だったんだけど、何というか心が全然休まらなかったな。やっぱり家が一番だね。

父方の祖父母の家には合計4人のいとこがいた。父親は三人兄弟の長男で、二人の弟妹にそれぞれ二人づつ子供がいる構成だ。

父親の弟の息子である二人のいとこが中二と高一なんだけど、こいつらはもうありえないぐらい超ハイスペック。

例えば兄の方は、

・顔立ちは石川遼似のスポーツマン風で色黒。髪はストレート。

・野球部のエース。

・行ってる学校はそこそこの偏差値で、割と自由な校風らしい。

・何でもそつなくこなす超人。

・当然彼女持ち。向こうから告白されたらしい。

弟も同じような感じで、中二にして彼女持ち。こちらも相手から告白されたらしい。死ねばいいのに。

それに対して僕。

・顔立ちは…リンクにあるカルテットのメンバー紹介に載ってる。以上。

・現帰宅部。

・運動しないから不健康な白い肌。髪は天パー。

・学校は偏差値がすげえ高い真面目な所。ただ、その中では落ちこぼれ気味。

・満足にできるものがあまりない。

・彼女?何それ?

勝ってるものが年齢しかないという悲惨な状況。年上の威厳とかは欠片もなかったね。

年上の威厳はもともとなかったからまあいいものの、つらかったのは会話が全くかみ合わないこと。二人きりになるとどうしようもないような気まずい空気が流れてた。ホントきつい。

その中で一種の清涼剤になっていたのが小1のいとこ。僕はロリとかそういう意味じゃなくて子供が好きだから、その子と遊ぶのはすごい楽しかった。

母方の祖父母の家にも行ったんだけど、いとこが来てなかったからあんまり思い出自体がない。料理が不思議な味だったことぐらいだ。

ブログランキングのバナーの貼り方が分からないので、とりあえずURLで。貼り方が分かったら直します。

http://blog.with2.net/link.php?726743

2009年1月 1日 (木)

正月到来

この前電車に乗ったときに近くで会話してた若いカップルの女のほうのセリフ。

「外人に血液型ってあるの?」

…え?ないの?一瞬不安になってしまった。

今年も明けましておめでとうございます。これ書いてるときは12/28だけど。今は九州の実家に帰ってるはず。

今回は僕が副代表やってるノーレート学生麻雀団体 - Quartetteの話でも。

今は色々あって休止してるけど、以前は毎週日曜に全自動卓が6台ほどある場所で割とまともに活動していた。

その全自動卓のある部屋は、普段は健康麻雀として使われている。そこに初めて行ったときのことを前のブログで書いたことがあるので、ここに貼ってみる。

2007年11月24日 (土)

題名でも分かりますが、(これを書いたブログの題名が高校生麻雀戦記)私は高校生なんで、雀荘にはいけません。

まあ、無理やり行けないことも無いんですが、ちょっとそんな勇気は無いです。

それで、今までは全自動卓を使う機会が無かったんですが、一ヶ月ほど前、ティッシュが健康麻雀教室の存在を教えてくれて、二人で行ってきました。

で、今日までしばらく通っています。まあ、全体的に、定年のおじさんや、主婦の人が多かったです。ポイント収支は、僕はプラスで、ティッシュは少しマイナス、最近パンチマンも着始めたんですが、かなりマイナスのようです。

この一ヵ月後にもう雀荘行ってるんだけどね。ティッシュってのは渋谷のドンのこと。

これを書いたブログをやめた原因は、渋谷のドンの暴走。なんか僕が白血病で入院してるとか書いた記事を勝手に書きやがったせいで、すごい更新がやりにくくなってしまったからだ。

その健康麻雀教室の責任者Mさんが僕と渋谷のドンを気に入ってくれたおかげで、日曜特別に使わせてもらえるようになった。そこからあの団体が生まれたのだ。

細かいことはまたそのうち書くかも。

気に入ったらクリックお願いします。

>Banner_14_3

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »